電力のしくみMECHANISM OF POWER

電力をお届けするしくみと電力自由化について

2016年4月から小売店・一般家庭でも電力会社を選べるようになりました。
各地域において利用者の方が電力会社を自由に選択できるようになる制度です。

特別電圧(20,000V以上)
… 高層ビルや大工場 等 → 2000年自由化
高圧(6,000V以上)
… 中層ビルや中工場、スーパー 等 → 2005年自由化
低圧(6,000V未満)
… 小売店や一般家庭 等 → 2016年自由化

電力のしくみ

  • 発電

    水力、火力、原子力、太陽光、風力、地熱などの発電所を運営し、電気を作る。

  • 送配電

    発電所から消費者までつながる送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理。物理的に電気を家庭に届ける役割。また、ネットワーク全体で電力のバランス(周波数等)を調整し、停電を防ぎ、電気の安定供給を守る。

  • 小売

    消費者(各ご家庭を含む)と直接やりとりをし、料金メニューの設定や、契約手続などのサービスを行います。また、消費者が必要とするだけの電力を発電部門から調達する。

⇒電力小売全面自由化により、(3)小売において、新たに事業者が自由に参入できるようになりました。
ふくのしま電力では(1)発電はすでに参入しているため、 独自に発電した電力を(2)送配電を利用し、 皆様に安定した電力をお送り致します。 これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。